奈良のさとやまを歩く 宇陀の山々

地道が良い。涼しい風が吹く、木陰が良い。水の音、風の音、小鳥のさえずり等を聞きながら歩くのが良い。こんな気ままを探して、近くの里山を歩いています。

尾根道南向 松茸山周辺

「奈良のさとやまを歩く」 伊那佐山編
尾根道南向きコース 松茸山周辺

前章の北向きを逆に歩くコースですが、松茸山へ登る道は山道を通り、伊那佐山から下りる道は山路コースを取りました。
比布のバスの時刻によってはは山路から麓道を榛原駅まで歩くのも良いかと思います。

伊那佐山尾根南行

「地蔵さん」
215-58.jpg
ロータリーから真直ぐ宇陀川に出た所です。
振り返って見ています。


「墨坂神社」
302.jpeg

214b-58.jpg

墨坂神社です。
墨坂神社の前を左に曲がります。


「国道」
303.jpeg
国道に出ました。
自動車道の嫌いな方は川沿いに歩いてください。


「伍味原の集落の入り口」
304.jpeg

304b-58.jpg
この坂を左に登ります。


「伍味原の登り口」
305.jpeg

305b-58.jpg
ここから山に入ります。ここに駐車スペースがあります。
伍味原おじいちゃんの話ではここに車を止めて山に入っても構わないと言っておられました。


「伍味原分岐 1」
210-58.jpg
右に登り道があります。榛原高校の上の鉄塔へ行く道です。
真直ぐ広い道を進みます。


「仏の座」
307-58.jpg
昔、仏さんが座っていたそうです。


「伍味原分岐 2」
209-58.jpg
右に登り道があります。途中で草むらになり通行困難です。
真直ぐ広い道を進みます。


「せせらぎの小道」
208-58.jpg

せせらぎ沿いに水の音を聞きながら進みます。

「せせらぎ広場」
310.jpeg
せせらぎ広場の分岐です。

310b-58.jpg
左へ進みますと谷道を松茸山登り口へ行きます。
右の橋を渡って、山道を松茸山登り口へ向かいます。
谷の右側を進み山に入ります。

「小さなコブ」
311-58.jpg


「松茸山登り口」
203-58.jpg

赤い目印があります。ここを右に登ります。


「松茸山」
315-58.jpg
松茸山頂上です。
案内板に井足岳(いだにたけ)頂上とありますが、ここは井足岳ではありません。地元の人は松茸山と言って居られます。
井足岳は榛原高校の裏にある山で、この山ではありません。



スポンサーサイト
  1. 1998/10/20(火) 00:00:00|
  2. 伊那佐山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

尾根道南向 中間尾根道

奈良のさとやまを歩く」 伊那佐山編
尾根道南向きコース 中間尾根道

松茸山から伊那佐山までの尾根道をご案内します。
松茸山南の肩の下り口は倒木の向こうにあります。


「松茸山南の肩」
201.jpeg
松茸山の南の肩です。


201b-58.jpg
倒木の向こうに下り口があります。


202.jpeg
この倒木の下をくぐっても良い。


202b-58.jpg
向こうへ出た所です。伊那佐山が見えます。


「松茸山南の登り口」
114-58.jpg
進行方向から見ています。
右上から下りてきました。


「分かれ道」
113-58.jpg
振り返ってみています。


「馬の背」
112-58.jpg
右前方と右後方に下り道があります。
ここから草むらに入ります。


「分かれ道」
110-58.jpg
振り返って見ています。
上井足方面に下ります。


「北の合流分岐」
205-58.jpg


「北の合流分岐 合流点」
109.jpeg
振り返って見ています。


「下り道」
206.jpeg
左後方へ下りますと途中で行き止りです。

108-58.jpg


「南の合流分岐」
208.jpeg
左の下の道を行きます。


「南の合流分岐 合流点」
209.jpeg
山道は右から来ています。ここで合流します。
左へ行きます。


210-58_20151201143901a1c.jpg
進行方向を見ています。


「枯れ枝の広場」
211-58_20151201144055dd7.jpg
目印を左に曲がリます。


212.jpeg
北行きのルートでは右の山から下りてきて、左の山へ登りました。
南行きでは道を変えて、真直ぐ行きます。


213-63.jpg
コブから進行方向を見ています。


「十字路」
214.jpg

枯れ枝の向こうを右に曲がる道があります。
少し向こうに左に下りる道があります。
真直ぐ右前方へ進みます。

214-58.jpg
裏画面は通り過ぎてこちらを見ています。


215-58_20151201145637b55.jpg
進行方向です。左に曲がり道があります。

「伊那佐山北の登り口」
216.jpeg
鎖の向こうが伊那佐山の登り口です。



  1. 1998/10/18(日) 00:00:00|
  2. 伊那佐山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

尾根道南向 伊那佐山周辺

奈良のさとやまを歩く」 伊那佐山編
尾根道南向きコース 伊那佐山周辺

伊那佐山から山路コースを下ります。

「伊那佐山頂上」
001.jpeg
都賀那岐神社です。


「頂上付近」
002-58.jpg
ゆるやかな尾根道あります。


「伊那佐山南の辻」
003_201512011552096c3.jpeg

004-58.jpg

005-58_201512011554090ed.jpg


「分岐」
006_20151201155603c7d.jpeg
真直ぐ草むらの道があります。
右下へ下ります。

「分岐」 ○
007_20151201160007154.jpeg
右後方に分かれ道があります。

007b-58.jpg
裏画面は振り返って上をみた写真です。
石碑には「右嶽明神、左檜牧自明」とあります。


「鳥居」 ○
008.jpeg
直ぐ下に分かれ道があります。

008b-58.jpg
振り返って上を見た写真です。
石碑には「左嶽明神、右やたけ」とあります。


「山の神」
009.jpeg


「地蔵さん」
010.jpeg
左右に分岐します。左へ下ります。


「分岐」 ○
011.jpeg
分かれ道です。右へ下ります。

011b-58.jpg
振り返って、上を見た写真です。


「山路の集落」 ○
012.jpeg
山路の集落へ下りてきました。

012b-58.jpg
振り返って、上を見た写真です。


「竹薮の分れ道」 ○
013.jpeg
竹薮の右へ下りると下の道を山路の辻へ。
竹薮の左へ行くと上の道を山路の辻へ行きます。

013b-58.jpg
上の道からこちらを見ています。
上の道を行きます。


「つきたり」 ○
014.jpeg
右へ下ります。直ぐ山路の辻です。

014b-58.jpg
振り返ってこちらを見ています。


「山路の辻」
015-58.jpg
左上から下りてきました。


「下の道」 ○
016_2015120116230209c.jpeg
下の道を下りてくると右の道です。

016b-58_20151201162347ba2.jpg
右上が竹薮の分れ道です。


「下り道」
017_20151201162450f32.jpeg
この道を下ります。

017b-58_201512011627532ac.jpg
振り返って辻を見ています。


「竹橋」
018.jpeg
山路の入り口から竹橋を見ています。


「伊那佐文化センター」
019.jpeg


「バス停比布」
020_201512011629476b5.jpeg


バス停比布の時刻表です。
http://jikoku.narakotsu.co.jp/jikoku_pdf/Bstop_PT.exe?1133+0


  1. 1998/10/16(金) 00:00:00|
  2. 伊那佐山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カテゴリー

伊那佐山 (8)
大和富士(額井岳) (0)
鳥見山 (0)
さとやま日記 (1)
裾野を歩く (5)
すくねから (5)
その他いろいろな記事 (27)

プロフィール

さとやまのすくね

Author:さとやまのすくね
ホームセンターで買った竹の棒を杖に歩いています。
​これ、蜘蛛の巣を払うための必需品なのです。
​体力は歳並みで、よく転びます。
​ゆっくり、道草をしながら歩いています。

すくねから

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示