奈良のさとやまを歩く 宇陀の山々

地道が良い。涼しい風が吹く、木陰が良い。水の音、風の音、小鳥のさえずり等を聞きながら歩くのが良い。こんな気ままを探して、近くの里山を歩いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

尾根道北向 中間尾根道

「奈良のさとやまを歩く」 伊那佐山編
尾根道北向きコース 中間尾根道

伊那佐山から松茸山まで続く尾根道を案内します。

「伊那佐山北の肩」
101-58.jpg
ここから下ります。


「伊那佐山北の上り口」
102-58.jpg
伊那佐山から下りてきました。北の登り口を上から見ています。


103.jpeg
下の道に下りて左(西)を見ています。こちらへ行きます。

103b-58.jpg
後方(東)を見ています。未調査です。


「ジャングル入り口」 ○
104.jpeg

104b-58.jpg
北の登り口から10mほど西に行きました。右前へ山を登ります。
平均台のような崖の上の細い道を登ります。

この道の詳しいご案内は下記をクリックした下さい。
http://satoyamasukune.cocolog-nifty.com/blog/81/index.html


「枯れ枝の広場」
105.jpg
ジャングルを越え、山から下りた所です。
伐採の後で小枝が散らばっています。


106-58.jpg
真直ぐ前の山に登ります。
左へ下りる道も同じところへ出ます。

「合流分岐南」 ○
107.jpeg

108b-58.jpg
どちらの道も少し行った所で合流します。


「分岐」
108-58.jpg
南の分岐が合流して直ぐのところです。
右に下りる道がありますが行き止まりです。


「合流分岐北」
109.jpeg
左上へ行くように見印がありますが、少し行った所で合流します。


「分岐」
110-58.jpg
左に下りると麓道に出ます。
右へ真直ぐ進みます。暫らく草むらの中を進みます。


「馬の背」
111-58.jpg
崖になって狭くなっていますので、馬の背と名づけました。
左前方と左後方に下り道があります。

112-58.jpg
通り越して、振り返ってみました。


「分かれ道」
113-58.jpg
ここからゆるい登り坂です。


「井足岳南の登り口」
114-58.jpg
右上へ登ります。ここから崖を登ります。


「松茸山南の肩」
115.jpeg
崖を登りつめて、肩へ出た所です。倒木があります。
倒木を越えて、左へ行きます。

115b-58.jpg
同じ倒木の右側です。


116.jpeg
倒木を越えて左を見ました。こちらへ進みます。


「松茸山頂上」
117-58.jpg
井足岳頂上 標高550m と案内板がありますが、地元の人は松茸山と呼んでいます。
北西に同じぐらいの高さの山が見えます。これが本当の井足岳です。
井足岳は麓道の上井足、榛原高校の目の前に見えます。
スポンサーサイト
  1. 1998/11/18(水) 00:00:00|
  2. 伊那佐山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<尾根道北向 伊那佐山周辺 | ホーム | 尾根道北向 松茸山周辺>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satoyamanosukune.blog33.fc2.com/tb.php/49-070dacde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー

伊那佐山 (8)
大和富士(額井岳) (0)
鳥見山 (0)
さとやま日記 (1)
裾野を歩く (5)
すくねから (5)
その他いろいろな記事 (27)

プロフィール

さとやまのすくね

Author:さとやまのすくね
ホームセンターで買った竹の棒を杖に歩いています。
​これ、蜘蛛の巣を払うための必需品なのです。
​体力は歳並みで、よく転びます。
​ゆっくり、道草をしながら歩いています。

すくねから

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。