奈良のさとやまを歩く 宇陀の山々

地道が良い。涼しい風が吹く、木陰が良い。水の音、風の音、小鳥のさえずり等を聞きながら歩くのが良い。こんな気ままを探して、近くの里山を歩いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

尾根道南向 伊那佐山周辺

奈良のさとやまを歩く」 伊那佐山編
尾根道南向きコース 伊那佐山周辺

伊那佐山から山路コースを下ります。

「伊那佐山頂上」
001.jpeg
都賀那岐神社です。


「頂上付近」
002-58.jpg
ゆるやかな尾根道あります。


「伊那佐山南の辻」
003_201512011552096c3.jpeg

004-58.jpg

005-58_201512011554090ed.jpg


「分岐」
006_20151201155603c7d.jpeg
真直ぐ草むらの道があります。
右下へ下ります。

「分岐」 ○
007_20151201160007154.jpeg
右後方に分かれ道があります。

007b-58.jpg
裏画面は振り返って上をみた写真です。
石碑には「右嶽明神、左檜牧自明」とあります。


「鳥居」 ○
008.jpeg
直ぐ下に分かれ道があります。

008b-58.jpg
振り返って上を見た写真です。
石碑には「左嶽明神、右やたけ」とあります。


「山の神」
009.jpeg


「地蔵さん」
010.jpeg
左右に分岐します。左へ下ります。


「分岐」 ○
011.jpeg
分かれ道です。右へ下ります。

011b-58.jpg
振り返って、上を見た写真です。


「山路の集落」 ○
012.jpeg
山路の集落へ下りてきました。

012b-58.jpg
振り返って、上を見た写真です。


「竹薮の分れ道」 ○
013.jpeg
竹薮の右へ下りると下の道を山路の辻へ。
竹薮の左へ行くと上の道を山路の辻へ行きます。

013b-58.jpg
上の道からこちらを見ています。
上の道を行きます。


「つきたり」 ○
014.jpeg
右へ下ります。直ぐ山路の辻です。

014b-58.jpg
振り返ってこちらを見ています。


「山路の辻」
015-58.jpg
左上から下りてきました。


「下の道」 ○
016_2015120116230209c.jpeg
下の道を下りてくると右の道です。

016b-58_20151201162347ba2.jpg
右上が竹薮の分れ道です。


「下り道」
017_20151201162450f32.jpeg
この道を下ります。

017b-58_201512011627532ac.jpg
振り返って辻を見ています。


「竹橋」
018.jpeg
山路の入り口から竹橋を見ています。


「伊那佐文化センター」
019.jpeg


「バス停比布」
020_201512011629476b5.jpeg


バス停比布の時刻表です。
http://jikoku.narakotsu.co.jp/jikoku_pdf/Bstop_PT.exe?1133+0


スポンサーサイト
  1. 1998/10/16(金) 00:00:00|
  2. 伊那佐山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<尾根道南向 中間尾根道 | ホーム | 麓道北行き>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satoyamanosukune.blog33.fc2.com/tb.php/53-cb091b1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー

伊那佐山 (8)
大和富士(額井岳) (0)
鳥見山 (0)
さとやま日記 (1)
裾野を歩く (5)
すくねから (5)
その他いろいろな記事 (27)

プロフィール

さとやまのすくね

Author:さとやまのすくね
ホームセンターで買った竹の棒を杖に歩いています。
​これ、蜘蛛の巣を払うための必需品なのです。
​体力は歳並みで、よく転びます。
​ゆっくり、道草をしながら歩いています。

すくねから

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。